私は社会化のドッグトレーナー ☆NEW☆

何歳になってもしつけ直しは可能!トレーナーとしての日々を綴り続けます

災害に備えるためのしつけは?訓練?それともリラックストレーニング?

災害時の犬猫セミナーがこれから増えてくるのかな?という兆しが見え始めていて

少し心配だなぁと思う点を。

飼い主さんが自分で判断できるように、ね。

 

一斉に行えてデモしやすくて魅せるために、服従系の

マテの練習、指示に従う練習、クレートに入る練習。

そういうものが行われるであろうと思いますが・・・。

非常事態に向けて犬や猫に必要なのはそういう訓練ではないと思っていて。

これから暮らし方教室でもお話しして行きたいと思っていますが、

大事なのは犬がリラックスできること、人がそこに誘える人になる、ということでしょうか。

過去記事だとこのあたりですかね。

charliemama3.hatenablog.jp

 

教える側、イベントを作る側は、意識の高い飼い主のニーズのリサーチは必須だと思います。

他人から名前を呼ばれてうれしくなる、とか

なんだか非常事態なんだけれど、でもいつものように食べ物が食べられるよ、とか。

そういう普通の暮らしに少しでも近づけさせられるためにお互い何が必要か?というのが防災時の動物に対するスタンスであるべきだと思います。

飼っていない方にも啓もうしやすい方向性の様ですね。