私は社会化のドッグトレーナー ☆NEW☆

何歳になってもしつけ直しは可能!トレーナーとしての日々を綴り続けます

「犬との暮らし方」教室であって「犬のしつけ方」教室ではない意味を知ってほしい

今日は小田原お散歩トレーニングでしたが、雨のため前日に中止しました。(リンク先は次の開催予定日、FBのイベントページです)

f:id:charliemama3:20180222123206j:plain

いつかの散トレ

お散歩のためのトレーニングをする場所、っていうお散歩トレーニングではないので

参加される方に「???」が募る、そんなことも多いです。

参加する人や犬とお散歩して過ごす、そういう場所です。

ただ、散歩する

わけですね。

でもね、ただ、散歩できない、そういうペアが多いわけです。

犬にあわないように夜中に散歩するとか、引っ張り防止ハーネスや、口輪をつけて、とか・・・。

たかが散歩なのにと、思う方もいますよね、正直。

 

が、実際に自分は問題ない、うちの問題は家の中でのいたずらである、とか

トイレの問題だ、とか、人への咬みつきであるとか・・・。

一見お散歩とは関係のないものだったりするときにも参加を勧めています。

 

お散歩トレーニングじゃないの、必要なことは、と思われるかもしれませんが、

私が、何が足りていないか?何が過剰か?

犬たちの楽しみである散歩で、どうして問題が出るのかの関わり合いを見ます。

関わり合い、です。

犬の問題というより、関わり合いの問題だと思うので犬と人と同じように行動の観察をします。

そういう意味で、チャーリードッグスクールは厳密に言うと

「犬との暮らし方」教室であって「犬のしつけ方」教室ではない

わけです。

charliemama3.hatenablog.jp

 

全く犬を飼うのが初めての方にも、まずは「犬ってどういう動物なのか」というところから始めていただきます。

そういう基礎は誰もが同じ学びをします。一人ひとりカスタマイズしてはならない部分です。

そこをすっ飛ばすと、可愛がるつもりが犬にとっては余計なお世話、ということになってしまいますから。

新しいこちらのブログでもまずは「犬を知るところから」お話しして行きたいなと思ってます。

シェアやリンクなど大歓迎ですのでどうぞ♪